脱毛は理想に合わせて選ぶ

脚 女性を中心に人気がある全身脱毛ですが、これをどこで行うかの問題はけっこう大きいです。脱毛サロンで施術を受けるのか、それとも脱毛クリニックを選ぶのか、その基準は自分の理想とする脱毛が叶えられるところになります。

詳しく見る

知っておくと良い内容

エステティシャン 全身脱毛をする場合には、可能な限り日焼けをしない方が良いです。日焼けをしてしまったことにより脱毛するときのレーザーが肌に反応してしまうからです。それ以外には、皮膚アレルギーの場合も注意をしなければならないところでしょう。

詳しく見る

サロンと医療機関で違う

うつ伏せの女性 全身脱毛に通う場合は、脱毛サロンか医療機関かによって料金が異なるため、どちらに通うのか決めて申し込むといいでしょう。医療機関は5回コースで40万円前後、脱毛サロンは18回コースで40万円前後であるため、結果を出すまでの料金は同じといえます。

詳しく見る

医療機関とサロンとの違い

脱毛器 全身脱毛をする際に、医療機関を利用するか、それとも脱毛サロンを選ぶべきかと迷う人は多いです。料金は、効果を実感できるまでの期間を考えると、大きな差はないでしょう。ただ、痛みには違いがあり、痛みと期間、どちらを優先するかで選んでみては。

詳しく見る

気になるムダ毛の処理

脱毛器 全身脱毛を希望しているのであれば、施術を受けることができる部位の範囲が広いサロンを探してみるとよいでしょう。意外とサロンによっては施術を受けることができない部位が出てくることがあるので、注意が必要になります。

詳しく見る

脱毛をするにあたって

女性

光脱毛と蓄熱式脱毛

エステでの全身脱毛は毛のない美肌になれることから人気が高い施術です。エステの脱毛というのは家庭で毛を一時的に抜くのとはまったく異なります。毛穴の根っこの部分には毛が生まれるもととなる毛乳頭細胞があり、それにアプローチする機械を使用して細胞そのものをやっつけるのが光脱毛です。細胞がダメージを受ければ細胞分裂のスピードがゆっくりになり、その結果毛が誕生するのも抑制できます。また、バジル領域という毛の成長を促す発毛因子の幹細胞にアプローチする機械もあります。バルジ領域に作用する蓄熱式脱毛という機会を使用した場合は早いうちに効果が出やすいのが魅力です。基本的に言えるのは脱毛器全般において、時間の経過とともに全身脱毛の効果が出てきます。脱毛してその場ですぐに毛が抜け落ちてくるわけではなく、抜けてくるのは1週間後くらいからです。無理に引っ張らなくても、いつの間にか毛穴からするっと自然に抜けていきます。早く全身脱毛をしたいからといって無理やり引っ張るのは肌を痛めるので禁物です。また、毛が抜けても一生生えてこないわけではなく、また生えてきます。生えてきたらまた脱毛をすればだんだん毛が薄くなっていくので、繰り返して行うことが必須です。光脱毛の場合は毛が成長しているタイミングで脱毛する必要があるので、2ヶ月に1回の全身脱毛が推奨されています。バルジ領域に働きかける蓄熱式脱毛は成長期と関係なく脱毛が可能なのでスピーディーな効果を得たい人におすすめです。