医療機関とサロンとの違い

脱毛器

料金は大きな差がないが痛みには差がある

全身脱毛を考えた時に、医療脱毛にするか、それとも脱毛サロンにするかと迷う人もいるでしょう。一般的に、医療脱毛は効果が高いが料金も高い、脱毛サロンは効果を実感するまでに時間はかかるが料金は安いというイメージがあります。医療脱毛では、5〜8回の施術で永久脱毛の効果が得られ、脱毛サロンでは12〜18回で怪我生えにくくなる効果が得られると言われています。医療脱毛と脱毛サロンとでは、施術回数が明らかに異なり、効果を実感できるまでの期間施術を受けると、お店によっては同じような料金となるケースもあります。費用に大きな差がなく、短期間で効果が実感できるのなら医療脱毛の方が良いと考えがちですが、医療脱毛は痛みを感じやすいです。医療脱毛は多くがレーザー脱毛、脱毛サロンでは光脱毛をしています。どちらも広範囲の施術が可能なので、広範囲の施術となる全身脱毛には最適なのですが、レーザーは痛みを感じやすいのが特徴です。そのため、この痛みが気になり、全身脱毛をするなら痛みがほとんどない光脱毛を選ぶ人もいます。どちらも、黒いメラニン色素に反応して光やレーザーが照射される機器が多いです。この仕組みによって、毛が濃い、毛が太い部位ほど、光やレーザーが強く反応するために、痛みも強くなる傾向にあります。デリケートな部位ほど毛が濃い人も多く、痛みが気になる人は脱毛サロンの方に魅力を感じることでしょう。医療脱毛、脱毛サロンともに利点があります。全身脱毛をするのにどちらを利用するかを迷っている人は、痛みがあっても短期間で終わる、時間はかかっても痛みの少ないの、どちらを優先するかで選んでみてはいかがでしょうか。