知っておくと良い内容

エステティシャン

気をつけたい事は何か

全身脱毛しようと考えている場合には、日焼けに気をつけておきたいところです。夏場の場合には、外を歩いているだけで日焼けをしてしまう人もいます。日焼けをしてしまった場合、全身脱毛をする時にどのような問題があるかと言えば、レーザーが日焼けの部分に反応してしまうことです。通常レーザー脱毛を行う場合には、毛乳頭の部分にレーザーを当てて毛乳頭を焦がす仕組みです。毛乳頭を焦がすことで、ムダ毛を根本的になくしていく仕組みと言えるでしょう。この毛乳頭は色が黒くなっていますので、レーザーを当てる場合も黒色に反応するようにできています。ところが全身脱毛の前の段階で日焼けをしてしまった場合には、全身脱毛用のレーザーを当てたときにレーザーが日焼けした肌に反応してしまい痛みが伴うことが考えられます。場合によっては火傷をしてしまう恐れもあるでしょう。しかも残念なことに、皮膚の毛乳頭以外の部分にレーザーを当てても脱毛には一切影響がありません。このように考えれば、可能な限り日焼けをせずに全身脱毛を行うことが必要になります。ただし日焼けといっても、多少黒くなった位ならば問題ありません。真っ黒に日焼けしなければそこまで影響がないと言えるでしょう。後は皮膚のアレルギーがある場合にも注意をしなければならないところです。皮膚のアレルギーがある場合には、脱毛をしたときに炎症を起こす可能性があります。皮膚が真っ赤になってしまい人前に出られないことも考えられるでしょう。